電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!


2008年07月10日

夏の高気密高断熱住宅

 我が家はセキスイハイムのツーバイフォー住宅。新築するときにかみさんと何箇所も住宅展示場を回って、いくつものカタログを集めては比較する毎日を送ってた。でかい買い物なんだから慎重に。どの住宅メーカーにするのかを決めるとき、高気密高断熱の性能がいいものってことで選んだ。

 しかし、実際に家が建って住んでみると、家の良し悪しを実感する。高気密高断熱住宅ってのは、寒い冬でも家の中を温かく保つというのが大前提になってる。住んでみてわかったのは、冬に過ごしやすい家でも夏に過ごしやすいとは限らないってことだった。

 ツーバイフォー住宅というのは、柱がない。丈夫な壁で箱を作って家の形にするのがツーバイフォー住宅なのよね。つまり壁が重要なわけ。で、家の図面を見ながら営業の人と話してて「窓を追加したい」って話をすると「あまり窓を増やさない方がいい」って反論された。要するに、窓を増やすことによって壁の強度が落ちるのと、窓の部分は二重サッシやペアガラスにしたとしても壁よりも断熱できないので好ましくない、また気密性も低い、と反論される。

 言ってることは分からんでもない。

 結果的に、在来工法よりも窓の部分が少ない家になってしまった。それが夏になって予想してなかったことを体験することになった。

 やたら暑いの。考えてみれば当然のことで、窓が少ないと風が通りにくくなるから、熱気が家の中にこもったままになる。そこはさすがの高気密高断熱住宅。家の中にこもった熱気を外に逃がしにくいようにできてる。特に2階は暑い。黒い屋根に真夏の太陽が激しく照りつける。その熱が2階にこもる。ロフトなんて50℃超えてるんじゃないってくらいに暑かった。計ったことないけど。

 夏になると毎日、日没後に2階のエアコンをフルパワーで稼動させ、寝るまでになんとか部屋を冷やしてた。

 夏の過ごしやすさを基準にして家を設計してきた、日本人の先人の知恵は偉大だってことを痛感した。

 ある日のこと。住宅メーカーから届く雑誌を見てて、「強制排気ファン」ってのがあることを知った。工事費込みで2万円くらいだったような記憶がある。ちょっと高いかなって思ったけど、エアコンの電気代が減ればすぐに元が取れるだろう。さっそくロフトに取り付けてもらった。

fan.jpg

 取り付けたのはまだ暑くない時期だったけど、梅雨明けしたころにこのファンの驚異的な効果を実感することになった。ある暑い日、2階に数分もいれば滝のように汗が流れるほども暑くなってた。強制排気ファンの電源を入れて、リビングに戻った。

 夕方になって2階のエアコンを入れようと思って上がった時、いつもとは違ってるのがはっきりとわかった。

「暑くない!」

 暑くないといっても暑い。屋外よりは暑いけど、強制排気ファンがないときに比べると全然暑くない。ロフトに上がってみたけど、やっぱりそんなに暑くない。

 夏場の電気代が激減。ひと夏で元が取れた。ヾ(〃^∇^)ノ

 ちなみに今日も暑かった。今日の午前中は洗濯とか生協の配達とかあって、午前中はリビングで過ごした。2階の窓は開けっ放しにしといたけど、お昼過ぎの室温は 33℃ まで上がってた。強制排気ファンがなかったら、もっと上がってるはず。

33C.jpg

 やっぱり仕事をするときは、エアコンなしじゃやってられない。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家事>家事を科学する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102603489
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック