電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2009年11月26日

おでんの残り汁

 日曜から食べ始めたおでんは、今日ですっかりなくなった。今シーズン初のおでんウィークはおしまい。最後だったんで、少し多めに残ってたんだけど、「おなかいっぱいー!」とか言いつつも、子どもたちと分けて完食した。

 そして残ったのは汁。おでんの残り汁って、去年はもったいないと思いつつも捨ててしまった記憶が。子どもたちと一緒に、食事中に意見を出し合ったけど、雑炊とか煮込みうどんとかいう、鍋の延長的なアイディアしか出てこない。ふと思いついたのが豚汁。でも、おでんの汁の中には醤油、味醂、酒を入れてあって出汁だけじゃないからやっぱり微妙な感じがする。

 とにかく、もったいないので、今年は捨てないようにする。

 さっそく、再利用の方法を調査してみることにした。Googleでキーワードに「残り汁」と入れただけで、こんな状態に。やっぱりみなさん、考えることは同じみたい。

oden-1.png

 で、紹介されてるのは、煮込みうどんとか炊き込みご飯とか。やっぱり考えることはみんな同じみたい。でもなー、残り汁ってけっこうたくさんあるから、炊き込みご飯にするにしても、それだけだととても使い切れない。サトイモとタコの煮込みなんてのもあったけど、それって「おでんと同じやろー!」とツッコミたくなるし。

 いくつか見ていて、根本的解決にはならないんだけど、画期的な方法を発見した。

1.汁を冷凍し、次に作る時に使う。
汁にはおいしい味が出ています。1シーズン何回かおでんになさる方は冷凍しておけば次は簡単にできます。
パルシステム | レシピ・お料理 > 相談室 > 「レシピ・献立」に関する相談


 これいいわー。これに決めた。次におでんを作ったとき、最後に同じ問題にぶちあたるわけで、全然根本的な解決にはならんけど、次におでんを作りたくなったときが楽でいい。しかも、しっかりといろんな素材の味がたっぷり出てるから、最初から作り直すよりも美味しいものが食べられる。

 いろいろと見たけど、おでんの残り汁を料理に使う場合は、親子丼とカレーうどんってのがよさそうな気がした。親子丼の丼ツユって、濃さがちょっと違うだけで、調味料の分量的にはおでんの汁とほとんど同じだし。まあ、親子丼に限らず、いろいろな丼物に使うのは確かによさそう。カレーうどんは、おでんの汁の中に市販のカレールーを入れるだけという簡単レシピ。タマネギとか豚肉を適当に追加すると、たしかに美味しいかも。

 親子丼も美味しそうだけど、カレーうどんというアイディアはおもしろい。そのうち試してみようっと。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 21:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 料理>知っとくと便利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちはおでんのシメに、旦那の実家が昔からおソバを入れて食べてました!
最初は抵抗ありましたが、とってもおいしくて我が家でも欠かせなくなりました。ぜひぜひ試してみてください(^-^)/
Posted by ゆみ at 2009年11月26日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133996166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック