電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2006年03月23日

ヘルパーさんの料理

 夕食を作ってもらうのにヘルパーさんを頼んでいるわけだが、これがまたみなさんの個性がある。でも、困ることもある。

 昨日の料理はワンタンスープと唐揚げ。冷蔵庫にはたくさんの野菜があって、左右に分かれた野菜用の引出しには「古い野菜」と「新しい野菜」とシールを貼っていて、古い野菜から使うようにお願いしている。でも昨日は野菜を全く使ってなかった。ワンタンスープを作っているのに、ワンタンしか入ってない。ちょっと驚き。料理はあまり得意じゃない人なのかも。

 あと、困ったことが起きた。もともと我が家では揚げ物は全くしないのだ。揚げ物用の油を使わないのでオイルポットを用意していないのだ。でも昨日の人は唐揚げを作った。揚げ物に使った油のやり場がなくて困ってしまった。しかたなく、500ccのペットボトルに移した。

 さらに、困ったことがあった。油の缶が残り少なかったので、揚げ物には足りなかったらしく、新しい油の缶に穴をあけていたのだ。その油の缶には注ぎ口がついていて、それを缶に突き刺して使うんだけど、昨日のヘルパーさんは缶切りで開けてくれていた。しかもご丁寧に、反対側に空気穴まで。すでに注ぎ口の付けようがない状態だった。

 人に頼むと自分の思い通りにならないことだってあるのは分かるけど、今回の件はかなりがっかり。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家事>ヘルパーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック