電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2010年12月03日

行方不明だったペットボトル

 我が家では、子どもたちが小学校に持っていくための水筒を、ペットボトルで代用してる。学校に忘れてくることもあるから、キッチンの棚には10本くらいのペットボトルを用意してあるわけだ。

 まあでも、もう寒くなってきたので水筒を持っていかなくなった。というわけで、使わなくなったペットボトルを一気に処分した。というっても、たぶん1ヶ月くらい前のことなんだけど。

 でも、そんときに思ったのは、たくさんのペットボトルを用意しておいたはずなのに、あるはずのペットボトルがやたら少ない。子どもたちには、学校から帰ってきたらすぐに出すようにと言ってあるから、学校に忘れてない限りは出さないってことはないんだけど。。。

 なんでこんなに少ないんだろー、とか思いつつペットボトルを処分したのだった。

 そして、今朝、その謎が解けた。

 子どもたちが学校に行った後、階段を上がっていったら、子ども部屋のドアが開いたままになってた。中を見ると、カーテンすらあけてなくて薄暗いまま。┐(´д`)┌

 いつもだったら、散らかりまくった部屋を見たくないから、そのままそっとドアを閉めてしまうんだけど、今日のところはとりあえず、カーテンだけ開けとくかと思って、床がほとんど見えないほどに散らかった部屋に足を踏み入れ、サーっとカーテンを開けた。

 そのとき、ふと足元を見て気付いた。ペットボトルが散乱しとる!!!

 せっかくなので、いつもよりも大きなサイズの写真でお楽しみください。


petbottoles-1.jpg



 Q:この中に、何個のペットボトルが転がっているでしょう?

 クリックすると、ペットボトルを赤でマークした別ウィンドウが開きます。ヽ(´ー`)ノ


 ついでに、2個の弁当箱も転がってる。ひとつは、写真を見ればすぐに分かると思う。もうひとつは、その弁当箱の後ろにある。水色のキャップしてるペットボトルと、青いビニール袋の間にちらっと見えてる水色の容器がそれ。

 キッチンにたっぷり置いてあるはずのペットボトルが少なくて当たり前だわー。ここに○個ものペットボトルが転がってるんだもん。週末に部活に行く時に、ペットボトルにお茶を入れて持って行って、そのまま部屋に投げっ散らかしてたってわけだ。

 ここに、優しいお母さんがいれば「まったくしょうがないねぇ」なんて言いながら片付けてくれるんだろうねぇ。

 まあ、残念ながら、我が家には優しいお母さんはいないんだな。

 しっかり、自分で片付けてもらおう。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 21:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家もですよ(;^_^A
家の子はまだ小さいので、ついつい私が手を出してしまいます。
それが当たり前みたいになってるから、良くないなって思います(>_<)
ランドセルの中から、いつの箸?ハンカチ4枚とか出てきますよ(>_<)
いつから入ってたのー(長音記号1)って思います(>_<)
Posted by 幸子 at 2010年12月04日 00:34
これ、常習化するとウチみたいな汚嫁さんのできあがり。
片付けられない、何で汚いか解らない、だからその子供もそれを受け継ぐ。
嫁に出さないならそれも良いけど、嫁ぐ場合は嫁ぎ先に迷惑。
Posted by う at 2017年11月25日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック