電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!


2006年06月15日

暑い2階の部屋を換気する方法

 最近は日差しも強くなってきて、我が家の2階の寝室は寝苦しいくらいに暑いことがある。暑いとは言っても、夜になると室外の気温は下がってきているから、その空気を部屋の中に取り入れればかなり快適になる。だけど風が吹かないのよね。なぜか。

 では、風のない夜に、室外の空気を部屋の中に取り入れるにはどうしたらいいか?そうするには、すべての窓とドアを開けてしまえばいいと考える。よね?普通は。でも、実はそうじゃない。2階の部屋だからだ。2階の部屋だってのがヒント。

 効率よく外気を部屋の中に取り入れるには、窓をすべて開放しておくのは大切なんだけど、階段に続いているドアは閉めておかなければいけないのだ。なぜか?

 室外の空気は2階の室内の空気よりも気温が低いのだ。だから室外の空気の方が重たい。これを極端に考えると、2階の窓から部屋の中に水を流し込むことをイメージしてもらうと分かりやすい。階段へ続くドアを開けておいたとすると、室外から室内に流れ込んだ冷たい空気は部屋の中にとどまらずに、ドアを通って階段下へ流れ落ちてしまうのだ。

 だから、階段へ続くドアは閉めておかなければいけない。ドアを閉めておけば、部屋から階段の方に流れ出すことなく、室内に溜まっていく。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 家事>家事を科学する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏場は子どもがいつも以上に寝相が悪くなるので、事前に部屋を冷ますのは大事なことです。
(うちも先日ベッドから転げ落ちましたから^^)
でも、ついつい風通しをよくしようと思ってあらゆる窓やドアを開けてしまいがちですが、冷静に考えるとおっしゃるとおりです。
私の住む近畿は夜も暑いです。私は暑いのが苦手。
いろいろ工夫して、なんとか夏を乗り切らねば!
Posted by F邸のあるじ at 2006年06月16日 17:59
ほぉ〜っ!!と、感心させられることばかりです(^▽^;)
夏は暑いもんや!我慢せぇ!
って、自分はちゃっかりエアコン入れてたりするんですけど・・(^▽^;)
もうちょっと考えてやらんとあきませんね。。
Posted by おやじ at 2006年06月17日 01:59
F邸のあるじさん、風通しをよくするのは大切です。風があるときは開放しているところが多い方がいいんです。でも無風のときは温度差による対流が頼りですから。

おやじさん、まいど。これからも「ほぉ〜っ!!」な情報を書けるよう精進します。(^^)
Posted by satoshis at 2006年06月17日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19329780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック