電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2011年08月30日

中華鍋が壊れる寸前の巻

 今日の夕飯は中華料理。かみさんの実家からいただいたナスとピーマンがたっぷりあるので、ひとつはナスと豚肉のオイスターソース炒め、もう一品は酢豚にした。

 ナスの豚肉のオイスターソース炒めを中華鍋で作って、その中華鍋でそのまま続けて酢豚を作ろうと思ってたんだけど、事件発生。

 できあがったナスと豚肉を器に移してる時に、中華鍋からコンって音がした。どこかに当たったのかな?って思ったけど、当たるようなモノは置いてない。

 気になったけど、そのまま器に料理を移してたら、なんか不安定。

 はっ!

 取っ手の溶接ポイント4箇所のうちの2箇所がはずれてた。

 そのまま続けて酢豚を作ろうと思ってたけど、さすがにそれは危険。

 気付かずに酢豚を作ってたら、下の動画みたいになることまちがいなし。しかも、酢豚。キッチンがすごい状態になってしまう。



 中華鍋に比べると一回り小さいけど、フライパンで作ることにした。

 最初に野菜を炒めてる時点で、すでにフライパンがいっぱいいっぱいなんだけど。でも、炒めてるうちにすこしカサが減ってきて、なんとか作ることができた。

 まいったなー。中華鍋を買い替えなきゃ。今使ってるのって、かみさんの要望でチタン製の軽いのを買ったんだけど、今となっては別に軽くなくてもいいし。



 (ヾノ・∀・`) ムリムリ

 買うとしたらこのへんかな。





←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 21:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 料理>キッチンウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この動画と同じ経験をリアルにやった事があるよ。
あの時は、焼牡蠣を作ってて出来上がりと同時にベキッと。。。厨房中、牡蠣だらけ。

呆然とたたずむ私。

トラウマになりそうやった。
Posted by とら at 2011年08月31日 00:10
>とらさん
うちの中華鍋も、もうちょっと時間かけて炒めてたらやばかったタイミング。
というか、新しいの買わなきゃ。
Posted by satoshis at 2011年08月31日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223270654
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック