電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2006年10月31日

エアコンと布団のクリーニング

 以前からエアコンのクリーニングを業者に依頼したいと思っていたけど、なかなかできないままだった。ところが、先日、セールスの電話がかかってきた。

 電話の向こうの声は、あきらかに40〜50台のオバサン。話し方のあちこちに、仕事的な電話をした経験のなさが現れている。

 どうやってここの電話番号を調べたのかと聞くと、なんだかよく分からん答えが返ってきたが、どうやらコンピュータが0000から9999まで順番にかけて、着信に応答したらオペレータに対応させるシステムを使っているらしい。

 オバサンオペレータの話し方や使っているシステムの状況から、なんだか怪しさ爆発してるんだけど、のんびりと話を聞いてみた。そしたら、エアコンクリーニングをお試し価格の500円でやってくれるとのこと。ただし1台限り。500円なら失敗しても気にならないので、お願いしてみた。もちろん、怪しさ爆発しているので、交わす言葉にはかなり気をつけながら。ま、電話なのでクーリングオフも有効だし、担当者が来てから断ってもいいかと。

 その後、FAXが届いて、会社のURLがあったのでちょっとだけアクセスしてみた。怪しいのはオバサンオペレータだけで、しっかりしてそうな会社だってことは分かった。

 そして今日、クリーニングの担当者が来た。エアコンクリーニングのついでに無料で他のもクリーニングしてくれるとのことで、布団1枚を頼んでみた。今までエアコンクリーニングを業者に頼んだことは何度かあるんだけど、神さんが対応したので、業者がどういう作業をしたのかはほとんど知らないから比較はできない。

 ま、結果的には期待通りにきれいになってたので問題なし。しかも通常価格が3000円というのがすごい(Webサイトでは6000円と出てるんだけど??)。以前エアコンクリーニングを頼もうといくつかの業者を探したけど、少なくとも10000円くらいはした。それに比べれば激安だ。これは次からも頼んでもいいかもしんない。

 そして布団クリーニング。特殊な掃除機で布団に掃除機をかける。掃除機にフィルターをつけてダストを分類できるようにして。そして、これがダニでこっちがダニの卵や死骸とか説明してくれる。布団にはたくさんのダニがいるんだろうから当然といえば当然。

 担当者は、これを見て布団クリーニングを依頼してくれる方が多い、と言う。たくさんのダニや卵や死骸があると気持ち悪いと感じる人もいるだろうから、新しい需要を掘り起こすビジネスとしては当たりだろう。だけど冷静に考えれば、布団なんて1000年以上前から使ってて、ダニとの付き合いも同じくらいあるわけだから、そんなのいまさらどうよ、って思った。アレルギーある人にはすんごくいいのかもしんないけど。

 我が家的には、エアコンクリーニングで十分。エアコンを汚れたまま放置すると、冷暖房効率が落ちて地球に優しくないからね。

 ちなみに、来てくれた業者はこちら。赤坂とか六本木とか銀座とかにレストランも出してるらしい。ちょっと変わった会社。

メッドコミュニケーションズ



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 02:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 家事>家事を科学する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あはは・・・うちは500円で換気扇のクリーニングをしてもらいましたよ。
同じメーカですね。
お試しでしたが、来てくれた担当の人はしっかりしてました。
お掃除用の洗剤について、基本はいっしょで、「ルック台所洗剤」も「ルックお風呂の洗剤」も中身はいっしょでパッケージを変えてるって話が新鮮でした。界面活性材にそんなに種類があるわけないといえば、納得もできますね。他のメーカもいっしょらしいです。売るほうはあの手この手でがんばってるというわけです。
つまりは掃除の仕方にノウハウがあるってことらしい。
うちではエアコンの話はでなかったですねぇ〜。
Posted by つ at 2006年10月31日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック