電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2012年05月12日

本当にピアノ好きなの?

 休みの日になると、ずっとパソコンに張り付いたままになる上の子。ピアノやりたいからって部活をやめて、新しくピアノの教室に通ってるんだけど、どうもピアノをやりたいというようには思えない今日この頃。

 ふと、上の子の同級生に、ピアノがとても上手な女の子がいたことを思い出した。小学校の懇談会では、その子の親と少し話したことがあって、学校から帰ってきたら2時間とか3時間とかピアノの練習をしてるって話を思い出した。

 そうよねー。好きだってことはそういうことだよねー。自分の中学校時代を思い出してみると、卓球部に入ってて、卓球するのが大好きで、部活が終わったあとも近所の卓球ができる場所に行って、夜の9時近くまで卓球してから帰宅してた。

 でも、上の子は言わないとピアノの練習をしないし、言っても忘れてやらないときがある。それって好きなの?やりたいの?やんなくてもいいってことじゃね?

 いちいちピアノの練習しろって言いたくもないし。

 そう思って、お昼ごはんを食べる時に言ってみた。

「ピアノよりゲームが好きならピアノやめれば?」

 ピアノとゲームと同じくらい好きって反論するけど、それだったらゲームとピアノの両方に、同じくらいの時間を割いてないとおかしいよね。ゲームばっかりやっててピアノの練習を忘れる日があるなら、ピアノばっかりやっててゲームするのを忘れる日があってもいいはず。

「これからはピアノの練習しろって言わんから。でもそれで練習忘れるくらいなら、もうやめさせるよ。」

 つまり、レッスン行かなくてもいいよと。というか、レッスンの費用出さないよ、と。

 だからといって、ゲームが好きだからもっとゲームやりたいとか言ったって、ゲームのための費用なんて1円も出す気はないけどね。

 まあねー、ゲームしてると楽しいから、やりたい気持ちは分からんでもないけど。結局そこんところって、自制できるかどうかって話であって、自制できないなら他の方法を考えるしかないよね。

 ということは、家族会議するかな。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児>子供の動かし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック