電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2012年06月21日

図書館の書籍データに間違いが多い件

 図書館から借りてる本の返却期限は来週の火曜日だったけど、火曜日って講師の仕事がある。帰宅してから返却に行くのはちょっと慌ただしい。講師の仕事がない木曜日に返す&借りるのサイクルに戻すために、今日は図書館に行ってきた。

 図書館で借りる本を探すとき、検索用の端末で著者名やタイトルを入力して検索する。書籍データがヒットしたら、書架の番号、場所、書籍番号を覚えて、本を探しに行くことが多い。

 今日も著者名を入力して検索したんだけど、目当ての本は登録されていなかった。同じジャンルの本を探すために別の著者名を入力して検索したら、こちらの著者では借りたい本があったので、書架のところに探しに行った。

 書架に並んでる本のタイトルを見ながら目当ての本を探してたら、登録されてなかった本が並んでるではないか!

「右脳教育」で子どもは変わる―強い心と隠れた才能を引き出すために
「右脳教育」で子どもは変わる―強い心と隠れた才能を引き出すために

 さっそく、この本も借りることにした。

 この前も書籍データの間違いを見つけたことがある。タイトルのところにも著者名が入力されてて、書籍の詳細データを見ると全然違う本だったことがある。著者名で検索してヒットした本の中に、別の人が書いた本が混ざってて、著者名が間違って入力されてたものもあった。

 図書館の書籍データって司書の人が手入力してるのかな?

 もし手入力してるんだったら、あれだけ膨大な書籍があるんだから、多少は誤入力があってもしかたないと思うけど、ISBNのバーコードから書籍情報を検索して自動入力するような仕組みはないのかねぇ。。。

 この次に図書館に行く時に、覚えてたら聞いてみよう。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児>育児書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック