電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2013年04月28日

ピアノの練習の代わりに読書の巻

 門限を過ぎて帰宅するとか、いくつものルール違反を繰り返してペナルティが増えて、ピアノの練習時間がたっぷり増えてしまった下の子。ピアノはかなり上手になってるのに練習を嫌がるってもったいないんだけどなー。

 でも、そんなに嫌なんだったってことでピアノの練習の代わりに読書でもいいことにした。もちろん、マンガなんかはダメ。リビングに置いてある本棚から選べばいいことにした。

 最初におすすめしたのは「賢者の書」っていう本。内容的には自己啓発本なんだけど、主人公が旅に出て、9人の賢者に出会っていろんなことを学んでいくというファンタジー系のストーリーになってる。

 我が家にある本はこんなデザイン。

kenjanosho-1.jpg

 でも、今では新しいデザインに変わってるらしい。

賢者の書(新装版)
賢者の書(新装版)

 これを読み終えて次の本はどれにしたらいいか聞かれたので、次は「科学者の目」って本をすすめてみた。これを読み始めたのはいいんだけど、いまいち気に入らなかったような感じで、ページを適当にめくってるし、読むのに集中してない。30分くらいで、読み終えたって言ってきたから聞いてみた。

「どんなこと書いてあった?」
「科学者のこと。」
「どの科学者?」
「覚えてない。」

 そりゃ覚えてないだろうって思った。全然読書に集中してなかったし。

 内容的には、科学者が普通の人だと見落としがちなところに目をつけて、そこを研究することで新しい発見につながった、という41人の科学者のエピソードが書かれてる。

「全然覚えてないんじゃ読んだことにならんよ。」
「えー?せっかく読んだのに!」
「じゃあ、どんなこと書いてあった?」
「覚えてない。」
「それじゃだめよ。」
「何のために読書したのかわからん!」←逆切れ

 きちんと読めばおもしろい本なんだけどなぁ。。。

科学者の目 (フォア文庫 C 12)
科学者の目 (フォア文庫 C 12)

 でも、ピアノの代わりに読書ってのはそれなりにいい案だったかな。ずっとピアノの練習をしてもいいけど、自発的に読書するきっかけになってるみたいだし。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめアイテム>書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック