電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2013年07月25日

ます×ます百ます計算のDSソフトが届いたの巻

 お昼すぎに部屋で仕事してたら、クロネコヤマトのトラックが家の前にとまった。そして郵便受けに何かを入れていった。さっそく郵便受けに取りに行ってみた。

 ちょっと大きめなA4サイズの封筒が入ってた。開けてみたら、Yahoo!オークションで落札した「ます×ます百ます計算」のDSアプリだった。

100masu-1.jpg

 (∩´∀`)∩

 さっそく開封して使ってみることに。とりあえず起動。

 このアプリは、脳トレと同じで画面を縦方向に向けて使うらしい。

100masu-2.jpg

 画面をタッチして先に進むと、ユーザーを選択する画面になる。ユーザーは3人まで登録できる。

100masu-3.jpg

 ユーザーを選択するとメインメニューに進む。「きょうのかだい」は1日に1回しかできないらしい。真ん中の「百ます計算」がタイトル通りの機能。でも、たし算・ひき算・かけ算のどれをやるのかを選べるし、問題数も10・30・50・100から選べる。

100masu-5.jpg

 「れんしゅう」のところもおもしろい。下の部分の数字を選ぶと、それぞれに5種類の計算練習が用意されてる。9のところは2個しかないので、全部で42種類の練習ができる。

 この画像だと、それぞれの課題の左側に金メダルがついてるけど、最初は何もない枠だけの状態から始まる。

100masu-4.jpg

 メダルの色は、正答率で決まってるような気がする。全問正解で金メダルなんだけど、銀と銅になる基準はよくわからなかった。とりあえず、全部を金メダルにしといた

 あと、課題を完了するまでにかかった時間も上位3位までが記録に残るようになってる。最初から上位3位までの記録は適当な値が設定されてる。1位になるには、そこそこ早く計算できないと難しい。簡単な課題だと1位はとれたけど、難しい課題だとなんとか3位に入れるかどうかってくらいだった。虫食い割り算(筆算)なんて、けっこうレベルが高いんじゃないかって思った。

 Amazonもレビューでは手書き文字を認識できないことが多いって書いてあったけど、思ってたよりはひどくなかった。ただ、時間を計測されてるので、認識できないときは消して書きなおさないとイカンので、立て続けに認識に失敗すると「イラッ」となることはある。なぜか数字「24」の認識ミスがかなり多かったような気がする。

 ゲーム感覚で計算練習ができるからわりとオススメ。

DS陰山メソッド 電脳反復 ます×ます百ます計算
DS陰山メソッド 電脳反復 ます×ます百ます計算



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック