電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2013年11月25日

ちきりんの「未来の働き方を考えよう」を読み終えたの巻

 かなり前に買っといたんだけど、これの前に処理しないといけない未読があったりしてなかなか手につかなかったけど、昨日のお風呂読書でやっと読み終えた。

book-8.jpg

 未来の働き方を考えるって、ちきりんがどういう考察の仕方をするのかというのも興味があるところだった。

 あと、この本を子どもたちに読ませたときに、将来の働き方について考えるきっかけになるかどうかという観点もあった。

 サクサクと読み進める。

 第二章の「世界を変える3つの革命的変化」がおもしろかった。革命とはなにかという問いに対して「パワーを持つ層の交代」が起こることと定義?して、IT革命、グローバリゼーション、人生の長期化(長寿命化)がもたらす変化についての考察がおもしろい。

 おもしろいけど、子どもたちに読ませたとしてもあんまり響かないような気がした。

 第三章の「新しい働き方を模索する若者たち」は、子どもたちが読むとちょっと参考になるかな。

 終章の「オリジナル人生を設計するために」はかなり参考になった。

 とある友人の転職相談にのっていた時、なにげなく「で、あなたは何がやりたいの?」と聞いたところ、「ちきりんさん、大半の人間は特にやりたいことなんてないんですよ」と言われてハッとしました。


 ここ、すごく同意。自分も昔からやりたいことが多くて時間が足りないタイプだったから、周りの人とのギャップを常に感じてた。今も専門学校で教えてても思う。クラスの中でやりたいことがある人は少数派。

 でも、終章では「オリジナル人生を設計するため」の3つのステップが書かれてて、これは誰にでも参考になるんじゃないかと思った。特に最後の「市場で稼ぐ力をつけよう」ってところがいい。インターネットのおかげで、誰もが簡単に市場に接することができる時代になってる。

 市場に簡単にアクセスできるので、あとは、どうやれば市場で買ってもらえるものを提供できるかということと、どうマーケティングするかということさえクリアすればいい。

 それをクリアするには試行錯誤するしかないんだけど。。。

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる


←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめアイテム>書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381154990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック