電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2014年02月27日

折り紙の本を買ってきたの巻

 今日、子どもから携帯の回線契約の変更を頼まれた。アルバイトで稼いだお金(+お年玉?)で、新しいAndroid端末を購入してたんだけど、それがいままで使ってたSIMは使えなかった。というか、LTE端末なんで、回線契約をLTEに変更しないといけなかった。

 というわけで、auショップに行って回線契約を変更してきた。手数料は3150円。

 ついでだからと、ちかくのブックオフにも行ってきた。折り紙の本を探してみたけど、さすがに数冊程度しか置いてなかった。子どもが興味がある難しい本格的な折り紙の折り方を紹介してる本は1冊もなかった。だけど、数冊あったうちの1冊はちょっと楽しそうな雰囲気だったので買ってみた。

origami-4.jpg

 折り紙というよりは、紙をカッターで切ったりして立体的な造形にする方法を紹介してるの。

 花鳥の巻とタイトルにあるとおり、花や鳥の作り方が多い。この本自体が、ケント紙をふんだんに使って製本されていて、裏面は真っ白なページになってるところが多い。つまり、本を切り取って作ってみてね、ってことらしい。

 それでふと思い出したのがこちらの本。

よく飛ぶ紙飛行機〈Vol.1〉―切りぬく本
よく飛ぶ紙飛行機〈Vol.1〉―切りぬく本

 これ、小学校のころに親が買ってきてくれた。本を切って作ってしまうとひとつしか作れないから、文具店でトレーシングペーパーとケント紙を買ってきて、気に入った紙飛行機を何度も作ってた。なつかしー!

 上のリンクで紹介した本は既に絶版になってるけど、新しく装丁されたのが今でも販売されてるみたい。

新選 二宮康明の紙飛行機集〈1〉 (切りぬく本)
新選 二宮康明の紙飛行機集〈1〉 (切りぬく本)

 これ、ホントによく飛ぶんよね。ゼムクリップの一部を紙飛行機の機首付近に埋め込んで、そこにゴムを引っ掛けて、ゴムの力で飛ばすようになってるの。

 1冊買ってみたら、今でも楽しめるかも。買ってみるかなー。

 で、買ってきた折り紙の本は、予想してたとおりだけど、折り紙にはまってる下の子はあまり気に入らなかったみたい。

 でも娘は興味を示した。さすが美術部!

 今はトレーシングペーパーなんか使わなくても、デジカメで撮影してA4サイズのケント紙に印刷すれば簡単に複製できる。便利な時代になったなー。

折り紙建築―花鳥の巻
折り紙建築―花鳥の巻



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめアイテム>書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389985324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック