電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2014年05月02日

家庭教師かと思ったら教材販売の営業だったの巻

 一昨日の日記に、またまた家庭教師の無料体験を申し込んだの巻ってのを書いた。そして、19時30分の約束の時間ぴったりに担当の方が到着。このとき、まだ下の子は部活から帰ってなかったけど、まもなく下の子も帰宅した。

a1640_000211.jpg

 けっこう話が長かったから忘れてしまった。

 最初は成績のつけかたとか高校入試での合否判定の方法なんかを説明してくれてたような。で、福岡県の場合、5段階評価の値を12倍した合計点と、300点満点の入試の合計点で合否判定をするんだとか。ほんとかどうか知らんけど。

 でも、そうやって内申点を高めに評価することで、入試だけ高得点が取れた人を弾きやすいようにしてるらしい。

 あと、教師用の教育指導要領も見せてくれたりした。現状の学校では絶対評価制を採用しているために、学校での指導内容や定期試験で差がでないように、定期試験問題のテンプレートまで作られてるってのを見て、最近の教育にはホントに自由度がないんだなーとか思った。

 そんな話をしながら、家庭教師や塾の話が出てきたかと思ったら、費用面のことばかり。中学校の3年間で塾にかかる費用は一人あたり150万以上とか。で、塾に行けば成績が上がるのかというと、塾としては有名校合格実績が最優先のために、できる生徒を優先して教育してるから、大半の生徒は塾に行ってもたいして成績が上がらないという実態を教えてくれたり。

 だから自主学習が大切だって話になって、効率的に勉強するための教材の紹介に話が進んだ。

 見たところ、たしかにそれなりによくできてる教材だなーって思った。

 そして最後に金額と契約の話になるわけで。営業としてはその場で契約したいんだろうけど、その場での契約はきっぱりとお断りした。

 子どもと相談してから連絡するってことにした。



(↑これは紹介された教材ではありませぬ。楽天市場で検索してたまたま見つけたやつ。)

←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児>勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック