電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!


2015年08月17日

同じ味の炒飯は二度と作れないの巻

 今日のお昼は、残りご飯を使って炒飯を作った。冷凍のムキエビも入れて、エビ炒飯にしてみた。

dish-306.jpg

 いつも思うんだけど、同じ味の炒飯って、二度と作れない。作るときは同じようなレシピで作ってるのに、作るたびに違う味になる。不思議の料理、炒飯。

 たぶん、目分量で調味料を入れてるから毎回微妙に違うからそうなってるんだろうとは推測できるけど、他の料理でそれほど違う味になった覚えがない。

 まあ、塩加減で味にかなりの変化があるのはわかるけど、塩加減を超える何かが炒飯にあるとしか思えないほど味が変わってくる。

 材料は、ごはん適当、白ネギ10cmくらいをみじん切り、卵1個。

 これがベース。

 味付けは、粉末の鶏がらスープ、塩、醤油、胡椒。

 あとは、気分によって、生姜のみじん切りをとか、大葉のみじん切りとか、レタスとか、ムキエビとか、干しエビとか。

 しかも今日の炒飯は、なぜだかわからないけど、高級中華料理店で食べるような、マイルドだけど深みのある味わいの1皿1000円くらいでも納得できるようなのができた。

 食べてびっくりした。

タグ:炒飯 料理


←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理>簡単で美味しい料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424340326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック