電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2015年11月24日

廃品回収のアナウンスがなかったの巻

 今日は11月最後の火曜日。ということは廃品回収の日、のはず。そう思って、ダンボールを束ねてゴミステーションに持って行った。

 が。

 いつもはいっぱいおいてあるはずの古新聞やダンボールが、ゴミステーションに全く置いてない。

 時間的にはそんなに早くないのに、まさか自分が一番乗り?

 でも、いつも聞こえてくる「本日は当地区の廃品回収の日です」みたいなアナウンスが全くないので、今日は廃品回収の日なんだろうかって、不安になってきた。



 いつも9時頃に廃品回収のトラックが来るんだけど、今日はまだ来てない。

 これは間違えたかなー、と思って、出したダンボールを持って帰ろうと思ってゴミステーションに行ったら、いつもの半分くらいの古新聞などが置いてあった。

 もしかして自分がダンボールを置いたせいで、他の人も間違っちゃったのかなーと、ちょっと責任を感じつつ、もうしばらく待ってみることにした。

 家に戻ってキッチンの片付けをしてる時に、トラックのような音が聞こえてきた。

 縁側に出てみたら、ゴミステーションのところに廃品回収車らしいトラックが停まってて、古新聞などをトラックに積んでた。

 やっぱり廃品回収の日だったらしい。というわけで、束ねてなかった古新聞を急いで束ねて、ゴミステーションに持って行ってきた。



 いつもとトラックの形が違ってた。

 今までとは別の廃品回収業者が来てたっぽい。だからアナウンスもなかったのかと、納得したようなしてないような。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック