電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2017年01月27日

料理用に紙パックの純米吟醸酒を買ってみたの巻

 お茶とか紅茶とか料理用酒とか、いろいろと切らしたので、スーパーにお買い物に行ってきた。

 我が家では料理用酒として売ってるものはかってなくて、紙パックの純米酒を使ってる。料理用酒は飲めたもんじゃないけど、紙パックの純米酒は(ちょっと気になるけど)飲めるレベルにはある。

 飲めたもんじゃないようなものを使って料理がうまくなるわけがない。

 だったら入れないほうがマシ。

 で、本題に戻す。

 日本酒の紙パック酒をいろいろと眺めてたら、なんと純米吟醸酒ってのを発見。

 お値段も1800mlで1000円程度とリーズナブル。

 というわけで、買ってみた。

junmaiginjo-1.jpg

 紙パックとはいえ1000円程度とは言え、純米吟醸酒。

 精米歩合は60%と書いてあるので、吟醸酒の基準はクリアしてるらしい。

 一応、どんなもんなのか、一口だけ味見してみた。

 ほんのりと吟醸香がするし、純米酒なんだろうけど、やはり1000円。

 安酒のニオイするし雑味も多いけど、1000円でこれならがんばってるんじゃないかと。


 Amazonにはなし。楽天市場だとケース売りしてるのは見つかった。





←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理>食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック