電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2017年08月25日

子どもが高校の朝課外に盛大に文句を言うの巻

 最近になって、子どもが高校の朝課外に対して毎日のように文句を言ってる。言ったところで何も変わらないのに。

 というか、朝課外があるのは進学する前から分かりきってたことで、朝課外がない学校を選ぶことだってできてたのに。

 いまさらのように文句を言ってるのは、マツコ会議という番組で、高校で朝課外をやってるのは九州だけで、それも福岡県が大半だということを知ったからみたい。

 そもそもの発端は、自分が行ってた母校の北筑高校ではないかと思う。

 当時、他の高校ではやってなかった朝課外が、北筑高校ではあった。

 自分は、当時から自宅での勉強はほとんどやってなかったので、朝課外は強制的に勉強時間が確保できるという理由で歓迎してた。

 睡眠時間が削られるという意見が多いみたいだけど、睡眠時間なんて自己管理の典型的なもので、朝課外があるのなら早く寝るしかないと思って、そうしてた。たまたまテレビなんかを見て寝る時間が遅くなって睡眠不足になると、体長を崩すことが多かったし。

 生徒が文句を言ったところでなくなるわけがないんだから、PTAを通して学校職員と生徒と保護者にアンケートをとって、メリットとデメリットを天秤にかけるしかないよね。

 あと、現状としては朝課外があるし、自由参加ではないからサボれない。ということは、朝課外の時間を最大限に活かすようにすればいいだけ。文句を言って批判的な姿勢で取り組んだところで、それこそ時間のムダ。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:57 | Comment(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]