電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2007年06月20日

ビタクラフトで鍋のまま作り置き

 今日はカレーライス♪子供たちは喜んで食べてくれるし、作るのは簡単だし。大量に作っておけば何日か連続しても子供たちは飽きずに食べてくれる。というわけで、今日も一番大きな鍋にカレーを大量に作った。

 でも作ったのは子供用のカレー。ハウスバーモントカレーの甘口。玉ねぎとジャガイモを標準量よりもかなり多く使ってるので、それなりに美味しくできてる。でも、やっぱりハウスバーモントカレーの甘口。激辛が大好きな大人用としては。。。(^^;

 いつものパターンで、一人分だけLEE の20倍を用意する。ヘルシオの網の上にレトルトパックのままLEEを入れて自動メニューでレトルトカレーを選択してスタート。ヘルシオが来てからは、レトルトカレーを温めるのも楽になった。(^^

 で、子供用に大量に作ったカレー。この季節だと日持ちしないんじゃないかと思われそうだけど、意外とそうでもない。

 それは、かみさんがお気に入りだったビタクラフトの鍋と蓋に秘密がある。

 ビタクラフトって、蓋に穴がないのよ。そして、鍋と蓋が密着するような形になってる。いつものように、絵を描いてみる。

vitacraft1.png

 このビタクラフトでカレーとかスープを作る。作るまでは普通の鍋と同じ。違うのは食後。食後には再加熱する。再加熱して煮立ってきたところで蓋をする。まだ火は止めない。

 鍋の中に水蒸気が充満してくる。蓋は外気に当たって温度が低いので、蓋の内側には水滴がつく。蓋の内側についた水滴は、蓋を伝って鍋との境目のところまでおりてくる。中は水蒸気で圧力が高くなってるので、重たい蓋を少しだけ押し上げて水蒸気と共に水滴が出てくる。その水滴が、鍋と蓋の境目の上のところに溜まるような構造になってる。

vitacraft2.png

 鍋と蓋のところにたっぷりの水が溜まったところで火を止める。この水のことをベイパーシールと呼ぶらしい。鍋の内部は水蒸気が充満してる状態なので、雑菌はほぼいない状態。鍋の縁にベイパーシールができてるから、雑菌を含んだ空気が鍋の内部に入らないらしい。

 そして鍋の内部の温度が下がってくると、水蒸気が水になる。鍋の中の気圧が下がる。鍋と蓋が密着するようにできてるので、外の気圧で蓋が鍋に押し付けられるようになる。実際、こうやったあとの冷めた鍋から蓋をまっすぐに引っ張ってもかなり外れにくい。蓋を横にずらすと、鍋と蓋の間に隙間ができるので簡単に外れる。

 こうすることで、鍋の内側に雑菌が繁殖しにくくなるから、鍋の中のものはいたみにくい。

 炊飯器の中にご飯を残したまま忘れてたりすると、翌日の昼には危険なニオイがしたりするけど、ビタクラフトで再加熱しとけばいたむことはほとんどない。さすがに夏場に3日ぐらい再加熱しないまま放置してたときは悪くなってたことがあったけど。1日1回再加熱してれば、夏場でも全部消費する前に悪くなったことないよ。

 うちにあるのは、↓からヤカンを除いたセットみたい。かみさんがどれ買ったのかわからん。w


ビタクラフト『ウルトラ』 オリジナル(6点)セット9層鋼料理レシピ付【送料無料】

 しかし!楽天で検索してて驚きの商品を発見。なに?なに?自動調理システムって。火力を自動でコントロールしてくれるって?レシピカードを読ませればあとはブザーがなるまでほっとけばいいって?すごい。もちろん値段もすごい。w

 ビタクラフトって、もともと無水調理とか無油調理ができる鍋だから、まじおもしろそう。試してみたい〜。でも、さすがに17万は。。。いや、ヘルパーさんに頼んだりするのを考えると、調理時間は仕事していられるわけだから、意外と簡単にモトがとれるかもしれん。しかも、そこそこ美味しいものができあがるくらいの期待をしてもよさそうな雰囲気だし。料理によっては子供だってできるかもしれんし。でもレシピカードは全24種類?ちょっと少ないような。。。

 しかし、17万。。。迷う。初期投資、でかすぎ。。。


【送料無料】ビタクラフト RFIQ鍋3点セット

 24種類のレシピカードを全部チェックできるんだったら、買うかどうか判断できそうな気がする。どの程度の手間で料理が作れるのか分からんとなぁ。さすがに8800円の掃除機とは違う。とても衝動買いできる値段じゃないよ。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 料理>知っとくと便利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45417124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック