電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年02月12日

2連シガーソケットのLEDが明るすぎるの巻

 先日、ビートにドライブレコーダーを取り付けた。そうすると、シガーソケットからドライブレコーダーに常時電源を供給する必要があるので、シガーソケットがふさがってしまう。

 でも、運転中にスマートフォンの充電したいときもある。

 というわけで、2連のシガーソケットを購入して取り付けてみた。




 赤いLEDが明るすぎる。

 車内のインジケータとしてどのくらいの明るさであるべきかを全く考えられてない。

 エアコンやオーディオのインジケータの明るさが、車のメーカーが設計したものだから、このくらいが適切っていうことになる。といっても、ライトを点灯してないから写真は昼間モードの明るさで、ライトを点灯したら光量が半減する。

 それに比べて、シガーソケットのLEDの明るさ。

 設計した人はいったい何を考えているのか。(何も考えてない)

 たまたま車内にガムテープを置いてたので、LEDの上にガムテープを小さく切ったものを貼り付けてみたけど、それでもまだ他のLEDの何倍も明るい。

 なんとかしないと夜の運転に差し支えるほどまぶしい。

 黒いビニールテープを重ねて貼ってみるかなー。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:57 | Comment(0) | 日記>カーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]