電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年07月16日

2個の新玉ねぎが柔らかくなってしもたの巻

 夕飯で牛丼を作ろうと思って、干してある新玉ねぎから取ってくることにした。

 今年は暑いので、いつもよりも早く悪くなりそうな雰囲気が。

 一応、全部の新玉ねぎの状態をチェックするために触ってみてた。

 赤玉ねぎのひとつに触った瞬間、びっくりした。

 軽く触っただけなのに、触ったところが凹んだ。

 もう、硬さのない世界。

 液体が入ってるビニール袋を触ったような感じ。

 完全にアウトの状態なので、生ゴミ行き。

 さらにチェックしてたら、赤玉ねぎがもうひとつアウト。

 いつもなら赤玉ねぎの方が長持ちしてる印象なんだけど。

 生ゴミにした新玉ねぎは、子どもに頼んで他の生ゴミとともに、家庭菜園に埋めてもらった。

 そこで再び肥料になってくれるわけで。

 っていうか、最近は家庭菜園に何も植えてない。

 せっかくスペースがあるのにもったいない。

 何も植えてなくて手入れしてないから、雑草でジャングルのようになってるし。

 なんとかせねばー。

 (;・∀・)




←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:58 | Comment(0) | 料理>食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]