電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年08月29日

戸建住宅は2階に強制排気ファンをつけるだけでかなり快適になる

 我が家、今はなき(セキスイハイムと合併したので)セキスイツーユーホームで建てた高気密高断熱住宅。だけど、夏の間は、2階の暑さがものすごい。

 窓を開けないで放置しておくと、2階の室温は40℃を超えていた。

 高気密高断熱住宅というのは、冬に暖かく過ごすための家であって、伝統的な日本家屋のような、夏を涼しくするための住宅ではなかった。

 建てた年の夏から、なんとかならんものかと思ってたところ、住宅メーカーから届く雑誌を見てて、「強制排気ファン」ってのがあることを知った。

 工事費込みで2万円くらいってことだったので、さっそく設置してもらった。

 我が家は2階にロフトがあるので、ロフトの奥に設置した。

 設置当時の写真がこちら。





 これが強烈に効果があった。

 毎日40℃を超えていた2階の部屋が、33℃にしか上がらなくなった。

 要は、強制排気ファンで室内の暑い空気を屋根裏に排気するのね。

 これの何が良かったかって、屋根裏に空気を入れ続けるので、直射日光を受けた屋根で暖められた屋根裏の空気が、屋外に排出されるのよね。

 排出された空気が屋根裏の空気を冷まして屋根の熱を2階の部屋に入れないための断熱材になってくれた。

 設置した当時に書いた日記がこちら。

 ≫ 夏の高気密高断熱住宅

 冷房のためのエアコンで、夏の電気代が3万円くらいかかってたんだけど、強制排気ファンの工事費がひと夏でもとをとれた。

 戸建てで2階の夏の暑さをなんとかしたい方は、試してみる価値あると思うよ!






←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:58 | Comment(0) | 日記>家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]