電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年10月04日

電波時計の電池寿命がまちまちなのは電池の性能差っぽい

 部屋の壁にかけている電波時計が10分くらい遅れてた。電波時計でも、電池残量が少なくなると遅れるし、追いつくための動作ができなくなってしまう。




 というわけで、さっそく電池を交換。

 ついでに、電池切れで止まったまま放置してたトイレの時計も電池を交換した。

 ふと、電波時計の電池ってどのくらいの期間で消耗してしまうんだろう?って思った。

 今回も電波時計の電池切れでツイートしてるし、過去にも同じようなツイートしてるはずだと思って、過去のツイートを検索してみた。

 前回は、約11ヶ月前。



 これの前からは、わずか5ヶ月で電池交換。



 その前は6ヶ月。



 その前は20ヶ月。

 さすがに、途中で交換してるけど、ツイートしなかった可能性。



 10ヶ月くらい。




 たぶん、マンガン電池だと10ヶ月くらいで、充電式のリチウムイオン電池だと5ヶ月くらいということらしい。

 どちらの電池を入れたのかまではわからないけど、一時期リチウムイオン電池を使ってた記憶がある。

 ツイッター、こういうことにも使えて便利。

 というか、たまたまツイートしてたからデータを取れてたんだけど。



セイコー クロック 掛け時計 電波 アナログ アイボリー木目 模様 KX399A SEIKO
セイコークロック(Seiko Clock)(2014-11-28)
売上ランキング: 5051
generated by affi-linker.com at 2018.10.05




←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記>家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]