電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年10月10日

弦が切れたピアノの修理を依頼してみた

 昨日、子どもがピアノの練習をしてるときに、弦が切れたって話を書いたけど、今日はその続き。



 修理してもらうしかないので、いつもお世話になってる楽器店に電話してみた。

 楽器店の女性のスタッフが電話に出て、簡単に説明しようとしたけど、修理のことはわからないので担当から折り返し連絡するということに。





 2時間後くらいに折り返しの電話があったので、そのときに低音側から20番目くらいのところって言ったら、「そんなところが切れましたか」みたいな反応。





 で、忙しくて夜7時ごろにしか行けないってことだったので、その時間でお願いした。

 7時ちょっと前に到着。

 さっそくピアノのカバーを外してチェックしたら、切れた弦が下の方に落ちてた。

 アップライトピアノだと飛び出したりしないけど、グランドピアノの場合は切れた弦が飛ぶらしい。

 たしかに、かなりの力で弦を張ってるから、切れたら飛びそう。

 飛ぶと危険だから、最近のピアノは飛ばないように工夫してるそうだ。

 さっそく切れた弦の型番をカタログで調べて、見せてくれた。

 1本3500円。

 これに修理の技術料がかかる。

 合計で8000円くらいだったような。

 高音側の弦なら切れることが多いから、修理用の弦を常備してるらしいけど、今回のような低音側は珍しいと言われた。

 これまで担当してる中で初めてだとか。

 メーカー(ヤマハ)に注文して、弦が入荷したらあらためて修理に来るということで。

 子どもは、ひとつだけ音が出なくなったピアノでもあんまり気にしないで練習してた。

 ゆっくりした曲ならまだしも、速い曲だと1音抜けても聴いててもわからなかった(笑)



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]