電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年10月11日

20年点検と洗濯機用水栓の水漏れ修理

 なんと我が家も新築から20年。というわけで、セキスイファミエスの担当の人が、20年点検に来てくれた。

 外壁塗装とか屋根の状態、室内は水回りを中心にチェックしてもらった。

 やはり20年という年月ではあちこちが劣化してくるわけで。

 外壁塗装も劣化してところどころに亀裂ができていた。

 亀裂が大きくなると、隙間から雨水が入って壁の内側に充填している断熱材を腐食してしまうとか。

 屋根は、屋根材を固定している金属のコーティングが一部で剥がれていたり、固定している釘が抜けかかっていたり。

 外壁塗装とか屋根の修理に関しては、見積もりを作るから検討して欲しいとのこと。

 いったいどんな金額の見積もりが出てくることやら。

 水回りでは、洗濯機用水栓の水漏れが発覚。

 これは自分でも簡単に交換できる。

 そして心配なのはシロアリ。

 担当の人が言うには、この住宅地は異常にシロアリが多いんだとか。

 枯れた庭木の内側に穴があったのは、腐ってるわけではなくてシロアリが食ったあとらしい。

 家の基礎は全体がコンクリートで固められてるんだけど、コンクリートを食い破って家の柱に達する例もあるとか言うので恐ろしい。

 後日、無料でシロアリの検査もするから、あとで連絡するということで。

 点検のあと、さっそく洗濯機用水栓のコマの交換を実施。

 まずはナフコに部品を買いに行ってきた。

 部品は安い。

faucet-2.jpg

 水漏れしているハンドルの上のキャップを、マイナスドライバーでこじったりして外す。

faucet-3.jpg

 するとプラスのネジが見えるので、これをプラスドライバーで外す。

 ネジを外せば、ハンドル部分が外れる。

faucet-5.jpg

 下のギザギザの部分をウォーターポンププライヤーという工具で回して外す。





faucet-6.jpg


 この飛び出た部分をスピンドルと呼ぶらしい。

 これも回して外す。

 白く見えている部品が、水漏れの原因になってるケレップというやつ。

faucet-7.jpg

 これをつまみ出して、新しいケレップに交換して元通りに組み立てる。

 修理完了。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


【日記>住宅の最新記事】
posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記>住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]