電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年12月03日

家庭ごみの指定袋を切らしてしまった

 今日は家庭ごみの日。朝、いつもよりちょとだけ早く起きて家の中のゴミを持ち寄ってひとつにまとめるというゴミ出しの準備をしていた。

 ひととおり集まったところで、指定のゴミ袋に入れようと、ゴミ袋を入れてある引き出しを探してみたけど、どうやら家庭ごみの指定袋の小サイズが見つからない。

 先日、町内会の運動会でもらった景品が指定ゴミ袋だったはずだと思って、景品の包装を開いてみたら、「かん・びん」の袋と「ペットボトル」の袋しか入ってなかった。

 小サイズが入ってるんじゃないかと期待してたのに。

 しかたないので、中サイズに入れる。

 いつも小サイズでちょうどいい感じだったので、倍の容量がある中サイズだと余裕がありまくり。

 この際だからと、もっとゴミをかき集めてやろうと思ったけど時間的に余裕がなかったので、リビングをざっと見回して「コレもう捨ててもいいだろ」ってモノをいくつかゴミ袋に押し込んでおわり。

 家庭ごみの小サイズを買っとかないと。

 あと、念のために引き出しをチェックしてみたら、特小サイズも切らしてた。

 そして、運動会の景品から出てきた、我が家ではほとんど使わない「ペットボトル」の袋がいくつもたまっているのも確認。

 町内会の行事に参加すると、毎回もらえるんだけど、「ペットボトル」の袋をほとんど使わないために、引き出しの中に次々に蓄積されていた。

 みんな、ペットボトルの飲み物ってたくさん買ってるのかな?

 ゴミステーションでも、かんびんはいっぱい置いてあるけど、ペットボトルの袋ってかなり少ない。

 いや、ゴミ袋の需要があるかどうかより、景品の予算かな。

 かん・びん小とペットボトル小は60円だけど、家庭ごみ小は220円、家庭ごみ特小110円だし。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:58 | Comment(0) | 家事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]