電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2018年12月11日

進路に悩む子どもと小さな成功体験

 高校2年の子ども。音楽教室の発表会ではたくさんの拍手をもらえて、いい結果になったけど、今後の進路については悩んでるらしい。

 いつだったか、数学がわからんと言ってた。

 問題集でわかるところは1問か2問だけやって飛ばして、難しい問題をやっていけばわかるようになる、みたいなアドバイスをしたら、それなりに実践したみたいで、ある程度は解けるようになったみたい。

 今日は物理がわからんって言ってた。

 そもそも高校の物理は、微分積分をやる前に運動法則を学習することに無理がある。

 だって、ニュートン力学は、運動法則を表現するために必要だからって、ニュートンが微分積分を発明したんだもん。

 微分積分抜きでニュートン力学を語れるわけがない。





Newton (ニュートン) 2011年 02月号 [雑誌]
ニュートンプレス(2010-12-25)
売上ランキング:
generated by affi-linker.com at 2018.12.12



 これ、新装版が今年の6月に発行されてるので、こちらの方がいいかも。

Newton別冊『微分と積分 新装版』 (ニュートン別冊)
ニュートンプレス(2018-06-18)
売上ランキング: 7564
generated by affi-linker.com at 2018.12.12



 そういうアドバイスを素直に受け入れるのが下の子の素晴らしいところ。

 さっそく読んでみたらしく、微分はなんとなくわかったみたい。

 なんとなくが重要。

 ちょっとやる気が出てN高校のWeb授業を見たらしい。

 「N高校の物理わかりやすい」なんて言ってた。

 適当な異動で平均的な県立高校に配属された教員よりも、N高校が選んできた教員の方がわかりやすく教えてくれるだろうから。

 これがまた成功体験になって自信になるはず。

 某大学に行きたいけどレベルが高すぎるなんて言ってるし。

 「いままでたいして勉強してないからレベル高く感じるだけ。ちょっと勉強すれば行けるよ。」とアドバイス。

 せっかく通信制高校で、自分のペースで勉強できるんだから、もっとやればいいのに。

 普通の学校だとできない生徒のペースでしかできないけど、そうじゃないんだから。

 「やればできる」をもっと体感してほしいのー。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:58 | Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]