電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2019年01月29日

ピアノの調律で聞いたピアノに関連する話題いろいろ

 今日はピアノの調律の日だった。朝10時30分から楽器店の人が来て、調律を開始。気になっていたのは、切れた弦を交換したところ。交換したばかりの弦は伸びるので、音が低くなる。

 子どもは特に何も言ってなかったけど、切れた弦のところの音程を確認してもらったら、半音くらい下がってた。

 ピアノの練習をしていて1音だけ下がってても気づかないのかな?

 ま、いいけど。





 そして調律開始。

 調律が始まったらその場で待っていても仕方ないので、おまかせして部屋に戻ってお仕事。

 調律が終わったら、低音から高音までひととおりの鍵盤を叩くので、その音が聞こえたら調律が終わりだとわかる。

 リビングに移動してみたら、まだピアノを組み立てる途中だった。

 雑談しながら完了するのを待つ。

 雑談した話題いろいろ。

 ペダルから異音が出てたので対策したとのこと。





 次回から消費税が10%になる。

 12960円が13200円に。

 2%でかい。

 でも、これまでの増税が何度かあったけど、ピアノの駆け込み需要というのは存在しなかったらしい。

 ピアノを購入する層では、1万ちょっとくらい高くなっても気にしてない?

 最近はインドネシアに工場を作ったので、ピアノの価格が下がった。

 うちのピアノ、買ったとき80万円超えてたけど、今は同程度のものが60万円くらいで買えるらしい。

 楽器店としては、新品のピアノを売るよりも中古を売ったほうが利益が多いけど、ヤマハとの特約店の契約を維持するためには新品も売らないといけない。

 ヤマハのピアノ教室では、先生一人に付き4人しか生徒がつけないようになった。

 人数が多いとケア不足でやめてしまう子どもが多くなるため。

 これまでのデータから先生ひとりにつき生徒数は最大4人になった。

 などなど。

 ここに書けないような話もあって、雑談ながら楽しめた。




←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]