電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2019年02月06日

数分のために都市高速料金の510円払っていたことが発覚

 午後から小倉方面にお出かけ。スマートフォンホルダーに固定したスマートフォンでは、マップアプリを起動して目的地までのナビを実行。

 目的地までの経路は覚えてるんだけど、到着予想時刻が表示されるので、移動するときにはだいたいナビを起動してる。

 途中で予期しない渋滞なんかがあると、いつもとは異なる経路をオススメしてくれたりするので、重宝してる。

 いつものように国道3号線から都市高速の無料区間を走行。

 今日は時間的にちょっと余裕があったから、前田ランプから国道3号線に戻ることにした。

 都市高速を走ったら、どのくらい時間的に短縮できるのかって、いままであんまり気にしてなかった。

 が、前田ランプに近づいたときに、ナビの画面を見て「ふぁっ!」ってなってしまった。

 ナビが案内しているのは、もちろんというか当然というか、都市高速を経由する経路。

 しかし、前田ランプから一般道に分岐する方向に出ていた表示にびっくりした。

 ナビがオススメする経路以外に分岐する方向には、時間差を表示してくれる。

 今日、そこに表示されていたのは「2分遅い」。



_人人人人人_
> 2分遅い <
 ̄Y^Y^Y^Y ̄



 なんと、510円の通行料金を払って都市高速経由で行ったとしても、わずか2分しか早く到着しないのだった。

 小倉方面で3号線からあまり離れていない場所が目的地で、ほとんど渋滞がない昼間の場合は、わざわざ都市高速を通らなくてもいいということがわかった。

 というか、時間差表示のところ、もっと気をつけとけばよかった。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記>カーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]