電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2019年02月09日

ひさしぶりにレトルトじゃないハンバーグ作った

 今日の夕飯は何を作ろうかと考えてたところに子どもが来たので「夕飯、なんにしようか」と聞いてみた。

 鶏もも肉と合挽き肉があると言ったら、「ハンバーグがいい」とリクエストされたので、ハンバーグを作ることに。

 最近、ファディのレトルトのハンバーグですませたことが多かったので、前に作ったのはいつだろうって思って写真を検索してみたら、去年の9月に作ったのが最後だった。

 合挽き肉は数日前に買ってきたものだったけど、冷蔵庫のチルドに入れるときにラップが少し破れてしまってた。

 破れたのに気付いたので、ビニール袋に入れておいたんだけど、やはり新鮮な酸素が供給されていたらしく、微妙に茶色っぽくなってた。

 酸化がちょっと進んでしまっただけで、腐ってるわけじゃないから食べても問題はない。

 で、できあがったハンバーグ。

 食べてみると、微妙に古い感じの風味が。

 酸化が進んでしまうと、風味がかわってしまうのね。

 不味いってほどじゃないけど、少し味が落ちるみたいで、やや残念な印象。

 茶色っぽくなった合挽き肉は、肉そのものを味わうハンバーグじゃなくて、ミートソースにしたほうがよかったかも。





 ちなみに、我が家のハンバーグのソースは激ウマ。

 ハンバーグを焼いた後にフライパンに残った肉汁&肉脂に、赤ワインをカップ1、ケチャップとソースを各大さじ2入れて、赤ワインのアルコールを飛ばして、水分も適度に飛ばして乳化させて作る。

 赤ワインは冷たい状態で入れると時間がかかるから、電子レンジで沸騰直前くらいまで加熱しとくと時短できる。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 料理>簡単で美味しい料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]