電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2019年02月25日

公的機関のペーパーレスをもっと推進して欲しい

 某公的機関に提出する文書を黙々と作成。届く文書もすべて紙なので、保管するのも場所をとって大変。本件だけで厚さ5cmくらいになってる。

 なぜ公的機関の文書のペーパーレスは進まないんだろう。

 過去に受け取った文書の内容を参照するには、ひたすら紙をめくって目視で必要な情報を探し出さないといけない。

 電子化されてれば、数秒で目的の情報にたどり着けるのに。

 印刷物だと検索も大変。

 どこに書いてあったっけ?なんて思いつつ、紙をぺらぺらとめくって探す。

 目視だから見落としてしまうこともあるし。

 ものすごく非効率。


 で、文書を引用したいときも大変。

 人力コピーである。

 元の文書を目で追って、作成している文書にタイピング。

 引用元の文書の名前とか記載してあった場所もタイピング。

 コピー&ペーストできれば数秒なのに。

 これって、公的機関の中の人はなんとも思わないんだろうか。


 そして、文書を提出するにも、物理的な輸送が伴うからそれなりの配送料が必要になる。

 電子化されてればコストゼロなのに。


 公的機関がペーパーレス化するだけで、ものすごいコスト削減ができるよ。

 間違いなく。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]