電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2019年03月08日

花粉症の娘がレンコンを食べなくなったらどうなるか人体実験

 数日前に「 早くもレンコン効果?!花粉症の症状が激減!」というのを書いた。花粉症の娘が、レンコンを食べ始めて4日で症状が激減したらしい。

 そして、昨日はレンコンを切らしてしまったので、食べてない。

 今日はスーパーに行ってレンコンを買ってきた。

 夕飯は、残り物クリームシチューなので、またレンコンをオリーブオイルでソテーしようかと思ってた。

 だけど、娘から「さっさと食べたい」と言われた。

 レンコンの料理は作らなくていいと言われたので、作らなかった。

 結果的に、レンコンを食べなかった。

 花粉症の症状は、IgE抗体がアレルゲンに対して過剰反応を起こすことで発生するんだけど、レンコンにはそのIgE抗体の働きを抑制する成分が多く含まれているから、花粉症の症状が抑えられるという仕組みらしい。

 ということは、レンコンを食べてなくても、体内にIgE抗体の働きを抑制する成分が残っていれば、花粉症の症状が抑えられる。

 だから、レンコンを食べなくなっても即座にその成分が体内から消えてしまうわけではなさそう。

 とはいえ、食べ始めて3日で効果が出たということは、そのくらいで効果が消える可能性も高い。

 食べてないのが2日間なので、早ければ明日くらいから花粉症の症状が復活してくるんじゃないかと予想。

 身近に被験者がいると、簡単に人体実験ができるから楽しいわー。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記>健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]