電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!





2019年08月10日

Amazonレビューの闇を見てしまった

 Amazonで、とある商品を発見。20件以上のレビューが投稿されてたんだけど、全員が満点の評価になっていた。

 商品説明は丁寧なんだけど、中国の業者が出品しているらしく、ところどころに不自然な間違いがある。

 まあ、よくあることなので、間違いは気にしないで目を通す。

 いい商品っぽいな、と思いつつレビューに目を通していると、これはちょっとおかしくない?って思える点に気付いてしまった。

 最初に気付いたのは、レビュワーの名前。

 日本人ぽい名前なんだけど、日本語の漢字ではなくて、中国で使われている簡体文字。

 Amazonでは、レビュワーの名前をクリックすると、その人がレビューを投稿しているすべての商品を見ることができる。

 最初に見ていた商品を商品Aとしておく。

 その人は、商品Aと商品Bにレビューを投稿していて、両方とも満点だった。

 別の人のレビュー投稿もチェックしてみた。

 商品Aと商品Cに満点をつけていた。

 さらに別の人、商品Aと商品Bに満点。

 次の人、商品Aと商品Cに満点。

 また次の人、商品Aと商品Bに満点。

 そして次。数十件のレビューがあって、すべてに満点。

 2ヶ月以内に10種類くらいのワイヤレス充電モバイルバッテリーにレビュー。

 2ヶ月以内に10種類くらいのワイヤレスイヤホンにレビュー。



 お か し い だ ろ !!!



 次の人、商品Aと商品Dに満点。

 さらに、商品Aと商品Bに満点が数人続く。

 全員が今年の5月から7月の間にレビュー投稿してるし。


 気になったので、商品Bについてもチェックしてみる。

 全然カテゴリ違う商品で、50以上のレビューがあった。

 出品しているのは別の中国の業者。

 トップ500レビュワーが満点評価してた。

 が、他のレビュー投稿は商品Aと似たような感じ。

 レビューの日本語も変だし。



 商品C。

 500件以上のレビューがある。

 投稿者の名前に簡体文字が多いし。

 でも500件もあると、普通の人のレビューもそこそこある。

 アイコン設定しているレビューワーも1割くらいいて、高めの評価。

 この商品のレビューは信用してもいいかも。


 いろいろとレビューを見てて傾向はわかった。


 結論。

 出品者が中国の業者の場合は要注意。

 レビューが数百件あるなら、トップ1000レビュワーとかアイコン付きレビュワーがあれば信頼できるかも。

 レビュー数が数十件で全員が五つ星の評価してる場合は全員サクラの可能性が高い。

 そういうときはレビュワーの名前をチェック。名前に簡体文字が使われてたらほぼサクラ。





←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]