電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!


2008年01月10日

ファミリーサポートセンター

 これまでお願いしてきたヘルパーさんは、エフコープという福岡の生協の福祉サービスを通してお願いしてきた。だけど、この福祉サービスは今年の3月で打ち切られることが決まってるので、4月からはサービスを受けられなくなってしまう。

 たまたまタイミングよく mixi のとあるコミュニティで、「ファミリーサポートセンター」っていう託児・介護サービスが紹介されてた。

ファミリーサポートセンター

 サイトにアクセスしてみると、全国のセンターが検索できるようになってたんで、さっそく北九州市のセンターをチェック!すると、授業に行ってる専門学校のすぐ近く(徒歩3分くらい)に事務所があった。ツイてる、ツイてる。というわけで、今日の授業の後に、さっそく行くことにした。

ほっと子育てふれあいセンター

 でも、授業が終わるのは13時。まずは食事。同じビルの2階にあるイタリアンレストランでランチしてきた。

Flamingo Cafe 小倉

 ランチを終えて3階にあがる。事務所は「子育てふれあい交流プラザ」というのの中にあるらしい。入口のすぐ横に下駄箱。土足禁止らしい。周りでは子供がわらわらと遊んでるし。w

 入ってすぐ右側にそれらしい事務所が。意外と狭い事務所だったんで、「ここでいいんですか〜?」と聞いてみたらアタリだった。さっそくサービスの内容を説明してもらう。サイトに目を通してたんで、説明してくれる内容は一通り頭に入ってる。提供会員と依頼会員がいて、センターは依頼会員に提供会員を紹介するだけの簡単なシステム。紹介してもらった後は、依頼会員が提供会員に直接依頼する。

 車で5分くらいのところに提供会員さんが数人いるってことなので、さっそく登録を済ませてきた。登録料1000円。事務所の人がその中の一人に連絡し、そこでの手続きは完了。登録した後、サービスの概要を説明してる10分くらいのDVDを見せてもらった。

 事務所を出て2階に降りると、なんか見たことのある看板が目に入った。上の子が生まれたころまでは頻繁に行ってたギャラリー。そのころは、今は無き北九州プリンスホテルに併設されたショッピングプラザの中に店舗があった。ここにも店舗作ったんか〜、とか思いつつ、時間に余裕もあることだし久しぶりに寄ってみることに。

ギャラリーCSM

 店の前でギャラリーの社長とばったり。

「おっ!めちゃくちゃ久しぶりやん!」
「は〜い、めちゃくちゃ久しぶりです。こっちに店出したんですね。」

 店の中に入って、飾られてる作品を一通り眺める。はせくらみゆきとか鈴木英人とか。でも、残念ながら好みの作品はなさそうな雰囲気。社長てば、それ分かってるくせに「気に入ったのあったら買ってよ」なんて言ってくる。w

 それよりも目にとまったのは、テーブルに置いてあった雑誌「壮快」。さっそく社長に質問。

「なんでこんな雑誌置いてるんですか〜?」
「はせくらみゆきのことを書いてあるんよ。五日市さんオススメの。」
「えー!五日市さんオススメなんですか?」
「おう。後で五日市さんに詳しいスタッフを紹介するよ。」

 五日市さんってのは、「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の著者のことね。この本はとってもお気に入りで、別のブログでオススメの書籍として紹介してる。

ツキを呼ぶ魔法の言葉

 しばらくして、はせくらみゆきさんの作品担当のスタッフを紹介してくれた。って、プリンスに店があったころからいるスタッフなんで、しっかり顔見知り。でも五日市さんとかの話題で妙に盛り上がったり、楽しそうな仕事の話で盛り上がったり、一緒にランチしようって話になったり、ワインパーティに誘われたり。雑談してたらあっという間に1時間以上たってた。

 またまた楽しそうなことがたくさん起こりそうな雰囲気。(^^)



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家事>ヘルパーさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77659383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック