電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2009年07月08日

宿題

 子供が学校から帰ってきたら、玄関の靴を並べ、帽子を決まったところに片付ける。手を洗ってうがいをする。ランドセルから箸を出して食洗機に入れ、連絡帳をテーブルに広げる。これだけのことが、かなり習慣として身に付いてきてる。

 ホワイトボードの効果が出てるのだ。すばらしい!

子供の動かし方−ホワイトボード編

 荷物を片付けたら、次は宿題。下の二人は学童で宿題をしてくるので、帰宅後に宿題をすることはほとんどない。主に上の子のためも項目。今日も学校から帰ってきて、ほんの数分だけ子供部屋にこもって、「宿題終わったけん、友達の家に遊びに行ってくる」と出かけていった。

 夕飯の前に、テーブルの上に広げられた子供たちの連絡帳をチェックする。学校からの連絡事項とか、宿題をきちんと終わらせたかのチェックなど。

 上の子の連絡帳から、算数の宿題と思われるプリント2枚が出てきた。1枚は半分くらい終わってて、もう1枚は手付かずの状態。

「これ、宿題やないと?」
「先生が、できるひとだけやってくればいいって。」
「できるのになんでしてないと?」
「う、う〜ん。。。」
「先生が、そんな宿題の出し方するかねぇ?」
「すると思うけど。」
「じゃあ、来週の懇談会で聞いてみようかな。」
「う、う〜ん。。。」←明らかに困ってる顔www
「ウソやったら、次の懇談会までゲーム禁止にしようかな。」
「う、う〜ん。。。」←さらに困ってる顔www

 そして夕飯の後。ピアノの練習とかお風呂とか、やんなきゃいけないことを一通り終えた(つもりの)上の子がテレビを見ようとしてる。

「宿題は終わったと?」
「あ・・・」
 (例のプリントを出してきて問題を解き始める)
「それ、やらんでもよかったんやないん?」
「やっぱりしとく。」

 上の子がいろいろとずる賢くなってきたなー。これも成長してる証拠なんだけど、それだけ目が届かないところでいろんなことをやってるんだろうなー。親に言えないようなこともこっそりと。


 あ、ことしもかみさんの実家からの贈り物が届きました。おしりが少し柔らかくなったころが食べごろなんだけど、触ってみるとまだまだ固い。食べごろになるまで、しばらく放置。1個なくなってる分は実家にあげたから。

melon-1.jpg



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック