電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2011年03月18日

分け合えばあまる

 今日の午後、買い物に行ってきた。店内の状況を見てちょっとびっくり。というのは、レトルトごはん、レトルトカレー、ペットボトルの水などが、品薄になってた。なかにはいくつか売り切れになってるものも。

 東北の状況が大変なのはわからんでもないけど、まさか九州で買い溜めする人が多いとは思いもしなかった。

 これって、絶対に報道の影響に違いない。だって、震災の後で買い物にいくのは今日で3回目。前回も前々回も、品薄になってるような商品はほとんど見かけなかった。首都圏などで買い溜めしてる人達をマスコミが報道するもんで、そういうのを見た人達の一部が買い溜めに走ったに違いない。店の中で買い溜めしてる人がいたりすると、それを見た別の人が影響されて、買い溜め族が急増したんじゃないかと思う。

 集団パニックみたいなことが起こってしまったらしい。

 被災地では物資が足りなくて困ってるにもかかわらず、少ない物資をわけ合って生活しているのに。

 こんな状況を見て思い出すのは、相田みつをの「わけ合えば」という詩。

わけ合えば

うばい合えば足りぬ
分け合えばあまる

うばい合えばあらそい
分け合えばやすらぎ

うばい合えばにくしみ
分け合えば喜び

うばい合えば不満
分け合えば感謝

うばい合えば戦争
分け合えば平和

うばい合えば地獄
分け合えば極楽

うばい合うと
足らないけれど
分け合うと
あまっちゃうんだなぁ


【送料無料】生きていてよかった

【送料無料】生きていてよかった
価格:540円(税込、送料別)



 いままさに「生きていてよかった」って感じてるのは、被災地で少ない物資をわけ合ってる人達じゃないかと思う。

 買い溜めしてる人達って、「生きていてよかった」って思えるほど心に余裕がなくなってしまってるはず。少なくとも買い溜めするために、必死になってカートに保存食や水を積み上げてる状況では。

 今、世界中の人達が日本を見てる。そして、こんな異常事態が発生している時でさえも、日本人が秩序を保って行動していること、略奪や暴動を起こすことなく、少ない物資を分けあい、列を作って順番を待ち、助けあっている、そんな姿に対して賞賛の報道をしてる。

 大惨事の中、たまたま遠方まで外出していた「ちきりん」は、ミラクルだと評した。

03.11 大惨事とミラクル - Chikirinの日記

 だけど、報道されていないところでは我先にと水や保存食を買いあさったり、義援金詐欺で他人のお金を巻き上げてる人もいる。

 がっかりさせんなよヾ(*`Д´*)ノ"彡☆



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック