電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2012年06月20日

後回しのリスクが問題化するとき

 子どもたちには、寝る前にやらなければいけないことがいくつかあるって話は、今までに何度も書いてる。学校の用意とかお風呂とか宿題とかピアノの練習とか。ピアノの練習は別として、やってあたりまえのことばかりなんだけど。

 なぜか、みんな後回しにしたがるのよね。マンガを読んだり、ネットで動画を見たり、ゲームしたりを優先する。例えば、ピアノの練習30分、お風呂15分、みたいに計算して、寝る時間から逆算して、ギリギリまで好き勝手なことをする。

 それで寝る時間に間に合えばいいんだけど、学校の用意に予定外の時間がかかったりとか、つい遊びすぎたりとか、そういうので時間オーバーになることが多い。その結果、翌日はゲーム禁止とかピアノの練習時間が増えるとか、ペナルティがついてしまう。

 やんなきゃいけないことを、なぜ先に終わらせないの?

 毎日、疑問に思うのよね。

 めんどくさいことはつい後回しにしたくなるって、誰でもあるとは思うし、自分でも後回しにすることもあるけど、毎日のルーチンワークを後回しにしたところで、まったくメリットがない。やり残してるとそれが気になって仕事とか集中できない。できることは先に済ませといたほうが、安心して仕事に集中できる。

 今日なんて、下の子がピアノの練習を終わらせて、すぐにお風呂に行けば間に合ってたのに、なぜかリビングでしばらく休憩。必然的に、約束の時間までに終わらせるのが不可能になって諦めてしまった。ペナルティ覚悟で寝る時間を過ぎてお風呂に行った。

 そこで新しい問題が発生。いつもだったら、下の子の寝る時間になったら、お風呂に入るのが娘。しかし、今日はその時間になってもお風呂に入れない。

「早く出てー!」
「いま入ったばっかり!」

 娘、ピンチ!

 ( *´艸`)

 お風呂というリソースは、複数人で同時使用できない。ボトルネックにひっかかって、待たされる娘。

 というか、今までにも何度かそういうことがあって、それでペナルティが付いたこともあったのに、学習しないよね。。。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック