電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2012年07月12日

朝から靴がなくて大騒ぎの巻

 昨日の午後は、かなり激しい雨が降った。上の子は折りたたみ傘を持って行ってたので、濡れずに帰宅。下の子もたまたま下校時間に降ってなかったので、濡れずに帰宅した。

 が、娘はずぶ濡れで帰ってきた。朝、学校にいく前に傘を持って行くようにって言ったのに、持って行かなかった。

 制服は替えがないので、そのまま脱いで10分コースで洗濯するように言っといた。なので、夕飯の前には制服を部屋干しにして扇風機の風を当てといた。そこまでやっとけば、朝までには乾く。

 しかし、灯台下暗しとはまさにこのこと。ずぶ濡れの靴がそのままだった。

 今朝、登校しようと靴を履こうとした時に、濡れているのに気付いたらしい。それから靴がないと大騒ぎ。前まで履いてた靴は底に穴が開いてたので捨てたんだった。それ以前の靴もあったけど、サイズが小さくて使えない。

 朝っぱらから下駄箱を探しまわる。下駄箱には、まだかみさんの靴がそのまま残ってたりする。いや、あまりにボロかったのは捨てたけど、新品未使用の靴もあるし、まだまだ新しいものもあるから、なんとなく捨ててなかった。

 ただ、中学校はハイカットの靴は禁止になってるから、そうじゃないのを探す。が、なかなか見つからない。新品未使用の箱に入ったままの靴を、箱から出しつつ確認していったら、ひとつだけ学校に履いていけそうな靴が見つかった。サイズはちょっと大き目だけど、濡れた靴や、サイズが小さい靴と比べればまったく問題ない。

 朝だから、時間に余裕もないので、もうそれでいいや、と。

 また新しい靴を買わなきゃいかんな。

 で、ずぶ濡れになった靴、5月に買ったばかりなんだけど、もう底に穴が開きかかってる。どんだけ寿命が短いんだか。。。

 ┐(´д`)┌



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック