電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2012年09月13日

子どものルール無視にどう対策するか考えねばの巻

 最近、下の子がルール無視しまくってて、どう対応すればいいのかと頭を悩ませてたりする。以前は厳しくしてたんだけど、お互いに気分が悪くなるからかなり寛容にしたら、甘えてつけあがりやがって、的な状態。

 例えば、以前はピアノの練習時間が60分以上だったら、夕飯の前に残り30分以下になるように練習を済ませようってことにしといた。でも、それやるとペナルティためまくりでピアノの練習時間がたっぷりあったりすると、全員がそろって夕飯を食べられないという問題が発生した。だから、そのルールはやめにして、全員で食事をするようにした。

 すると、夕飯の後にもめんどくさがってピアノの練習をやらないから、ピアノの練習時間が繰越しまくってる。毎日、ペナルティで30分とか60分とか追加されるのをわかっててルール違反をしてる。

 一昨日の会話。

「ただいまー。」
「おかえりー。」
「友達の家に傘を忘れたけん、取りに言っていい?」
「遠い?」
「ううん、近い。」
「そんならいいよ。ピアノの練習が溜まっとるから、すぐに帰ってくるんよ。」

 返事しないまま出かけていって、門限をたっぷり過ぎた時間に帰ってきた。門限過ぎてるのでペナルティ発生。

 昨日は、学校から帰宅したのが門限を過ぎた時間。水曜日は下校時間がいつもより早いのに。

「どこ行っとったと?」
「友達の家で遊んできた。」
「下校したら、一回家に帰ってから遊びに行くように決まっとるやろ?」
「・・・」

 門限過ぎてるのでまたまたペナルティ発生。

 今日。

「ただいまー。」
「おかえりー。」
「友達の家にDSのソフト忘れてきたけ、取りに行っていい?」
「ピアノの練習が溜まっとるからダメ。」
「えー!」
「じゃあ、今から5時40分まで1時間練習したら取りに行っていいよ。それから取りに行けば6時までに戻れるやろ。」
「・・・」

 部屋に戻っていろいろしてたけど、ピアノの音が聞こえてこない。リビングに行ったら子どもの姿はなし。玄関に行ったら子供の靴がないし。

 譲歩案を出したのに、それすら無視して出ていきやがった。\(^o^)/

 そして、また門限をたっぷり過ぎて帰宅。

 というわけで、現時点までに溜まったピアノの練習時間は510分。

 なんと8時間30分!

 ゲームばかりしてピアノの練習をやんないから3DSを預かったんだよね。ピアノの練習時間を全部終わらせたら返すってことにしてるんだけど、いったいいつになったら返せるのやら。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック