電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2012年09月16日

3DSを没収した続きの巻

 門限も守らないし、ゲームばかりやっててピアノの練習もきちんとしないもんで、3DSを没収したってのは前にも書いたけど、その続きの話とか。

子どものルール無視にどう対策するか考えねばの巻

 昨日はがんばって何時間もピアノの練習をしてた。だから、8時間分もあったペナルティがかなり減りそうだった。調子よく行けば、3連休の間にゼロにできるんじゃないかと、期待してた。

 が。。。

 マンガを読んでて就寝時間オーバーでペナルティ。就寝時間の数分前にきちんと「あと◯分で寝る時間よー」って予告したにもかかわらず。

 そして、今日もがんばって減らすんじゃないかと期待してた。

 朝、上のふたりは学校に行った。

「今日もしっかりピアノして減らそうね。」
「うん、午前中は9時半から3時間する。」

 部屋に戻って雑用を片付けたりしてたら10時過ぎてた。だけど、ピアノの音はまったく聞こえてない。リビングに行ってみたら、マンガを読んでた。

 ┐(´д`)┌

「9時半から3時間するんやなかったと?」
「忘れとったぁ」

 再び部屋に戻って仕事してたり。そしてふと気づくと11時半。ピアノの音なんて、一度も聞こえて来なかった。リビングに行ってみたら、またマンガを読んでた。

「はよ、午前中に3時間ピアノしようよ!」
「もう11時半やけ無理。」
「9時半から3時間するんやろ?はよしよう!」
「もう無理〜」

 結局、午後もまったくピアノの練習をしないまま。

 夕飯の前に聞いてみた。

「ピアノの練習はいつすると?」
「ごはん食べた後で1時間する。」
「ホントにする?」
「うん。」

 そして夕飯の後。

 しばらく待ってたけどピアノの練習を始める気配がない。つーか、またマンガ読んでるし。

「もうそろそろ始めんと、寝る時間までに終わらんよねー。」

 なんて言ったら、やっと始めた。

 部屋に戻っていろいろ雑用を片付けてたら、30分くらいでピアノの音が止まった。しばらく待ってたけどなかなかピアノの音が聞こえてこないので、リビングに移動。

 またマンガ読んでる。

 ┐(´д`)┌

「はよせな、寝る時間過ぎてまたペナルティが増えるよ?」

 結局、就寝時間も守れなかったし、他にもできてないことがあったりして、練習時間を増やしてしまったのであった。。。




←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!

ピアノを教えている立場から言わせてもらうと・・・

今のままでは、練習しない状況は改善しないと思います。

生活のペナルティをピアノの練習時間を増やすことにすることで、
いろんなことがクリアできるようになるならば、結果オーライですが、
残念ながら、そうなっていない。

つまり、ペナルティの役目を果たしていないのですよ。

やりたくないことをやらなかったから、
罰としてやりたくないことを増やすのは、
大人でもやる気が出ません。

お子さんがゲームが好きならば、
それを禁止にすることを罰にした方がよいのでは?


「やりたくないことでもきちんとやらないと、
好きなことができなくなる。」

これならわかりやすくて
頑張れるのではないでしょうか。




Posted by tenten at 2012年09月17日 00:18
>tenten さん
実質はゲーム禁止ですよ。3DS没収ですから。
本人は、少々ペナルティが溜まっても週末にがんばれば終わらせることができて、ゲームできると思って溜めたんです。

門限を守らなかったのも、ペナルティが増えるのがわかってての確信犯ですから。

でも、想像以上に溜まってて茫然自失って感じ。
今日は3DSを取り返すためにがんばってます( *´艸`)

昨日サボったので今日中に取り返すのは無理になってしまいましたが。。。
Posted by satoshis at 2012年09月17日 10:48
私も取られました・・・
今必死で説得中w

返してもらえるかなあw
Posted by あゆり 中1! at 2012年10月05日 18:45
私は勉強しないで3DS
ばっかりやってたら
家おいだされましたよ
日曜日の漢字で100点とらないと
かえしてもらえません
最悪。お母さんなんて
だいっきらい
Posted by 小5 at 2013年02月16日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック