電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2012年10月04日

方程式の解き方を教えるの巻

 先週は、風邪のために火曜日から金曜日まで学校を休んでしまった娘。月曜から学校に行ってるんだけど、数学で方程式の解き方がわからんのだと。ちなみに、来週には中間考査が控えてたりする。

 さすがに方程式を解けないと数学の成績がとんでもないことになってしまうってのは分かったみたいで、方程式の解き方を教えて欲しいってヘルプがきた。

 学校から帰ってきたら、さっそく着替えて数学の教科書とノートを持ってきた。とりあえず、教科書に出てた例題を解いてみることに。こんな感じの問題。


5x + 5 = 2x + 11


 教科書には「移項」ってのがあって、項を左辺から右辺に移動したり、右辺から左辺に移動するときは、符号を逆にすればいいって書いてある。そのまま素直に従えばこんな感じ。


5x + 5 = 2x + 11
5x - 2x = 11 - 5


 さらに計算すれば、


5x + 5 = 2x + 11
5x - 2x = 11 - 5
3x = 6


 でも、問題を解いてるところを見てると、移項ってのをきちんと理解してないような感じ。そこで、もう少し戻ってから考えてみる。


a = b ならば a + c = b + c である。

 もとの式に戻って、これを当てはめてみる。

5x + 5 = 2x + 11

 これの両辺から 2x を引いてやる。すると、

5x + 5 - 2x = 2x + 11 - 2x
5x + 5 - 2x = 11

 さらに両辺から5を引いてやる。

5x + 5 - 2x = 2x + 11 - 2x
5x + 5 - 2x = 11
5x + 5 - 2x - 5 = 11 - 5
5x - 2x = 6
3x = 6

 両辺を3で割る。

5x + 5 - 2x = 2x + 11 - 2x
5x + 5 - 2x = 11
5x + 5 - 2x - 5 = 11 - 5
5x - 2x = 6
3x = 6
3x / 3 = 6 / 3
x = 2


 別の問題を解かせてみたら、5x - 2x を計算するところをきちんと理解できてないような感じ。

「5xは、5かけるxのことやろ?」
「うん」
「じゃあ、書きなおしてみよう。」

5x - 2x = 5×x - 2×x

「この式はまとめられるよね?」

5x - 2x = 5×x - 2×x = (5 - 2)×x = 3×x

「わかった?」

 このあと、5問くらい例題をやらせてみたら、少しずつ慣れてきた感じ。でも、明日になったら忘れてるかもしれんから、連休中か週明けごろにもう一度練習問題をやらせてみようかな。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
方程式の解き方を説明していただきありがとうございます。助かります。

このブログを毎日読んでいたらテレビで北九州がでると大喜び。
折尾日帰り旅行計画中。
Posted by まいまい at 2012年10月06日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック