電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2012年11月28日

登校時間を改善できたの巻

 毎日のように遅刻ぎりぎりの時間で家を出る娘。それをなんとか改善できないかと、夏休み明けからいろいろと試行錯誤しまくってる日々が続いてるわけで。

 最初は目覚まし時計を買って使わせてみた。最初のころは使ってた。そして、それなりに起きてた。けど、いつからか使わなくなった。当然、起きない。

 しばらくは、朝食の準備ができるころに3人まとめて起こしたりしてたけど、それだと間に合わないからもっと早く起こしてって頼まれた。

 それからは、7時ごろに起こすようにした。起こしても一度じゃ起きないから何度も起こしに行く。めんどくさいんだから一発で起きろよー、なんて思いつつ。

 少しは早く起きるようになったけど、それでも登校する時間は全然早くならない。

 「もう学校に行く時間よー!」なんて言いつつ子ども部屋に行くと、着替えの途中だったり学校の準備をしてる途中だったり。

 だけど、昨日の朝に新たな事実をつかんだ。いつもだったら子ども部屋に行かない時間帯。ちょっと用を思い出して子どもに聞きたいことがあって子ども部屋に行ってみた。すると、娘の姿が見当たらない。

 部屋を見回してみたら、ベッドに潜り込んで二度寝してた!

 布団をひっぺがして「さっさと学校にいく用意せんかい!」って怒鳴りつけた。

 朝っぱらからブチ切れてしまって、とても気分の良くない朝だった。

 (´・ω・`)

 たぶん、毎日こんな感じでぎりぎりまで二度寝してたんじゃないかとか勘ぐってしまう。でも、この事件のおかげで、ひとつの改善策を思いついた。

「明日からは、着替えと学校の用意が終わってからじゃないと、食べたらダメよ。」

 パジャマのままで朝食はOKなのかNGなのかってのは意見がわかれると思うけど、個人的にはどっちでもいいと思うから、パジャマのままでも特に何も言わなかった。まあ、自分は朝食の準備したりとかあるからとっくに着替えてるんだけど。

 とにかく、着替えと学校の用意さえ終わっとけばいつでも学校に行けるわけで。用意するのが遅かったら朝食を食べないまま行かなきゃいけなくなるし。

 というわけで、今朝はいつもより余裕を持って登校してった。

 明日からも、早めに登校できますように。。。







←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック