電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2014年10月25日

IH調理器まで壊れてしまったの巻

 明日は4月以来の半年ぶりのワイン会。というわけで、今日はワイン会の準備の日。トマトソースはほぼできあがっててあとは塩コショウで味をととのえるだけの状態。次はミネストローネを仕込むぞー!って作り始めた。

 鍋で野菜を炒めつつ、炒め終わった時に鍋に足すためのお湯を沸かしておこうと、やかんに水を入れてIH調理器にのせてスタートさせた。

 そして、ミネストローネに入れるためのセロリを切り終えて、鍋に追加投入したあたりで事件は起こった。

 突然、IH調理器の電源が切れた。

 普通ならスイッチを押さないと止まらないし、調理中に鍋を持ち上げたりしたときは、警告のブザーが鳴ってから止まる。タイマーを設定してたら、タイマーが切れるときにブザーで教えてくれる。

 でも、この時はブザーも鳴らずにいきなり電源が切れた。

 変だなーとか思いつつ、再び電源を入れようとしてスイッチを押した。が、まったく反応しない。

 そういえば、電源が切れる直前にジュッていう感じの異音が聞こえたような気がする。

 とりあえずお湯はガスコンロで沸かすことにして料理を続けた。

 夕飯を食べ終えてから、IH調理器を復活させることができるかどうか試してみることに。分解するために裏返してみると、貼ってあるシールには「2000年製」と書いてあった。

ih-cooker-1.jpg

 たしかに、この家に引っ越してきてから2〜3年後くらいに買ったような気がする。もう13年くらい使ってるわけだから、寿命が来てもおかしくないくらい使ってたのね。。。

 分解して裏面のカバーを外してみたら、基板の上にまでたくさんのホコリがくっついてた。基板の上にヒューズがくっついてたけど、ヒューズが切れているわけではなかった。というか、基板を眺めてみても、悪くなってるような部品は見当たらない。たぶん抵抗かコンデンサだろうとは思うんだけど。

 なんか最近、似たようなことをやったような気がするなーと思ったら、エアコンの室外機が壊れた時も基板を眺めてみたんだった。

 まったくもう、最近はホントに故障続き。

 家電話の複合機の親機が壊れる(寿命)とか、携帯の音が出なくなるとか、携帯が充電できなくなるとか、エアコンの室外機が壊れる(寿命)とか、食洗機のノズルが壊れる(寿命)とか、キッチン水栓のレバーハンドルが壊れる(寿命)とか、冷蔵庫の冷蔵室が冷えなくなる(寿命)とか。

 あーもー、家電ってなんで申し合わせたように同じタイミングで壊れるんですかね!


 勘弁して!!!




山善(YAMAZEN) 1400W IH調理器 IH-S1400
山善(YAMAZEN)
売り上げランキング: 52,690



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック