電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2019年01月18日

J:COMに見るデジタル化とレガシーの狭間

 今日は、J:COMが新しいチューナーに交換される日。事前の連絡では15時ごろに来る予定だった。が、自宅の電話が13過ぎに鳴った。

 出てみたら、J:COMの担当者で、これまでの作業が順調に進んだので、14時前に到着するけどかまわないかという相談。

 こちらはずっと家にいるので問題なしなので、早めに来てもらうことになった。

 J:COMの担当者は、テキパキと仕事をこなして、スムーズにチューナーを交換。

 新しいチューナーの説明もしてくれたけど、まあ、使う側としてはリモコンが新しくなったくらいの変化しかない。

 作業が終わったら、アンケートが用意されていた。

 でも、アンケートは紙ではなくてタブレット上で「はい」か「いいえ」のボタンを押していくだけ。

 最後に作業完了の確認をするために、署名するんだけど、それもタブレット上で署名。

 デジタル化されててすばらしいなーと思いつつ署名も完了。

 そこで担当者が取り出したのはポータブルな小型プリンタ。

 こちらの署名が入った作業報告書を印刷してわたしてくれた。

 は?

 なぜそこだけ紙?

 紙をもらったって邪魔なだけなのに。

 デジタルデータをわたすためには、メールアドレスとかの個人情報が必要になるからかな?

 その場でBluetoothで接続してファイル送信してくれてもいいのに。

 デジタルデータなら検索すれば見つけられる。

 最後までペーパーレスを進めて欲しかった。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記>家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]