電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2019年01月24日

ゴミは最寄りのゴミステーションしか使えない?(そんなわけない)

 ちょっと前のことを思い出したので。その日は家庭ごみの日。最寄りのゴミステーションには、8時30分ちょうどにゴミ収集に来るんだけど、その日は間に合わなかった。

 なので、間に合わかなった日はいつもやってるように、助手席にゴミを積んで、まだ収集していないゴミステーションまで、ゴミを持っていってきた。

 お昼すぎに、北九州市清掃局の人が訪ねてきた。

 「今朝、○○のゴミステーションにゴミを出しましたか?」
 「はい。」
 「収集した後に出してないですか?」
 「いえ、収集前に出しましたよ。」
 「今日は○○のゴミステーションに、収集後に出した人がいたみたいで。」
 「はぁ」
 「散らばったゴミの中に、こちら宛のハガキがあったんですよね。」
 「カラスが荒らしますから、散らばったんでしょうね。」
 「本当に収集前に出しましたか?」
 「収集後に出すのなら、そこ(最寄り)に出せばいいし、わざわざ車で遠くまで持っていきませんよ。」
 「これからは最寄りのところに出してくださいね。」


 は?


 同じ町内なんだし、町内会費からゴミステーションの土地の固定資産税も払ってるんだし、同じ町内だったらどこに出そうが勝手でしょ。

 というか、自治区とか関係なく、北九州市内ならどこに出そうが、有料の指定ごみ袋に入れて出してるんだし。

 しかも、ゴミ出しのマナーは守って、出すときにはきちんと防鳥ネットをかぶせてるし。

 近くにカラスがいたら挨拶してるし。





 今回、出したゴミステーションの近くにはいなかったけど。

 でも、今回利用したゴミステーションには、収集後に出す人がいるみたいだから、余計な疑いをかけられないように、今後は利用するのを避けることにしよう。

 というか、隣接した水巻町の人が北九州市の指定ごみ袋を買ってきて出してるんじゃないかな。

 水巻町の指定ごみ袋は同じサイズでも値段が倍くらいするから。

 町内会の会議でもどうしたらいいかって話題になってたし。




←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]