電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2019年09月01日

来客の人から宿題かんばんを絶賛された

 夕方に来客があった。要件を済ませたあとの雑談で、来客さんの子どもが夏休みの宿題をやらなくて困るって話をしてた。

 その話を聞いてふと思い出したのが宿題かんばん。

 「宿題かんばん」について最初にかいたのが2010年12月。

冬休みの宿題の見える化


 コルクボードを100均で買ってきて、付箋には1日でできる範囲に分けた宿題を書いて、コルクボードのピンでとめていく。

 算数のプリントが5枚あったとして、1日で1枚できるのなら「算数プリント1/5」〜「算数プリント5/5」の5枚の付箋を作る。

 コルクボードの左半分が「未」で右半分が「済」。

 宿題を片付けたら、その付箋をコルクボードの右側に移す。





 テレビの横に、数年前の宿題かんばんを放置してたのがたまたま目に入ったので、実物を見せて説明した。

 すると、絶賛されてしまった(笑)

 「写真撮っていいですか?」

 「どうぞどうぞ」

 毎日のルーチンをホワイトボードに見える化するやつも教えたらよかったかも。



←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 23:59 | Comment(0) | 育児>子供の動かし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]