電子書籍を出版しました。
育児のイライラを激減させるいろんな工夫を詰め込みました。
Amazon Kindle で発売中!



2021年01月04日

あけましておめでとうございます

 昨年から、年賀状を出すのは、いただいた年賀状に対して返信するだけにした。

 今年は元旦に8枚が届いてた。

 しかし年賀はがきを買ってない。




 3日の昼すぎにポストを見たら、2枚の年賀状が届いてた。

 合計10枚。

 郵便局に行ってみたら、駐車場が満車で渋滞してたので、となりにあるゆめマートの駐車場を拝借。

 そこから歩いて郵便局に行って、年賀はがきをゲットしてきた。

 もう来ないだろうと思って10枚だけ買ってきた。

 そして今日は年賀状を書く。

 適当にネットで丑のフリー素材を探してきて、貼り付けて完成。

 しかし、宛名を印刷するところでつまづいてしまった。

 去年まで使っていたMacbook Proには日本郵便が無料で作ってくれている「はがきデザインキット」というのをインストールして使っていた。

 今年もそれを使おうと思ったら、「はがきデザインキット」を使うために必須のAdobe AIRというソフトが、2020年12月30日にMARMAN という会社に移管されてしまっていて、Adobeからダウンロードできなくなっていた。

 急なことなので、日本郵便のサイトでは Adobe AIR をインストールしろって書いてあるだけで、何の対応も書いてない。

 HARMANのサイトを見ても、正規版のダウンロードができそうなところが見つからず。

 というか、経過措置で HARMAN が正式版を準備するまでの間は、Adobeのサイトにあったダウンロードページを残してくれとけばいいのに。


 とグチっても使えるようになるわけでもなく、しかたなく別のサービスを使ってみることに。

 ぐぐってみたら、インストール型のアプリだとほとんどがWindowsのみに対応していて、ブラウザ上で動作するものだとMacでも使える。

 shunbinというのが使えそうだったので、登録してみた。

 宛名を入力するのも10件だけだから、ものの数分で完了。

 さっそく印刷してみると、めっちゃずれて印刷される。

 なんでー?

 と思いつつ、少しずつ確認しながら勧めてみたら、印刷プレビューでははがき上のそれなりの場所に出ているのに、印刷ダイアログのプレビューでは全然違う場所に表示されていた。

 印刷ダイアログでの用紙サイズがA4のままになっていたので、これをPostcardに変更して印刷したら、きれいに印刷できた。

 年賀はがきをポストに投函して帰宅したときに、自宅のポストをチェックすると、また1枚の年賀状が届いてた。。。


 カラーレーザープリンター、純正トナーが入手できなくなったから買い替えどきかも。

 これ、両面印刷もできてよさげ。







←今のランキングは何位?クリックして確認!
にほんブログ村


posted by satoshis at 22:56 | Comment(0) | 日記>家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]